子供

子供さんがいらっしゃる家庭で、ペットを飼うというケースも今は増えています。


子供には、最初にペットの存在について、教えておくことが大切です。


たとえば、ペットはおもちゃではないということは最初に言って聞かせましょう。


子供の年齢にもよりますが、おもちゃのように扱って、乱暴な使いをしたり、強く抱いてしまったり、嫌がっているのに触り続けるという場合もあります。


ペットも人間と同じで、家族の一員であることを伝えて、決しておもちゃではないということを、初日から離しておいた方がいいでしょう。


場合によっては、赤ちゃんのペットの場合には、あまりにも執拗以上にペットに触られると、恐怖心を抱いてしまって、それ以降の対人関係がとても神経質になってしまうこともあります。


ペットもストレスを感じますし、怖い思いもしますから、ペットにストレスを感じないようにすることや、ペットに怖い思いをさせないように、子供には十分に言って聞かせておいた方がいいでしょう。


なかなか最初は、触りたいという気持ちが大きくて、沢ってしまうということもあります。


ペットがしっぽを動かして喜んでいるのでしたらいいのですが、そうではない場合には、子供にも、ペットとのこれからの関わり方について、良く話しておいた方がいいと思います。


子供のいる家庭でペットを飼うということは、生命についてよく考える、良いきっかけになりますし、世話をするということで、とても教育や成長にはいいと思いますが、注意して飼ってあげましょう。

posted by レビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット