甘噛み

ペットの甘噛みについては、しつけとして小さい段階から対処しておく必要があります。


なぜ甘噛みをするのかと言うと、歯が生え替わる時期に、歯がかゆくて甘噛みをしてしまうケースがあります。


また、子犬のころに甘噛みをしていて、それが癖になってそのまま続けているというケースもあります。


しかし大人の犬になってからも、甘噛みをしていると、顎も発達してきて、ペット本人は、じゃれているつもりでも、飼い主が怪我をすることもありますので、十分に注意しましょう。


ペットの甘噛みを防止するための方法としては、ビターアップルと言う製品がいいと思います。


これは天然の成分で作られているスプレーなのですが、このスプレーを吹き替えた部分をなめると、かなり苦みを感じます。


ですから、ペットに噛まれたくないと思っている物に吹きかけておけば、苦くて、それ以上は噛まなくなると思います。


遊んでいて、じゃれて、手を甘噛みするというケースもあるのですが、噛んだ場合には、遊びをやめて、ペットと関わらないようにしてみてください。


そうするとペットは、自分がしてしまったことで、飼い主が怒っていると気がつくはずです。


それでも無視してペットが遊ぼうとしている場合には、飼い主はその場から離れてどこかへ行き、ペットを一人にさせるという方法をとりましょう。


これを繰り返していれば、自然と、噛むことで、飼い主が遊んでくれなくなると気が付くと思いますので、甘噛みのしつけに効果があります。

posted by レビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット