ペットの血統書

ペットを飼う際に血統書がないと・・・と思っている人も多いと聞きますが、ペットの血統書というのは本当に必要なのでしょうか。ペットの血統書があったからと言ってそのペットの、良さが決まるというのもおかしな話ですね。確かに血統書がついているペットは品質が高いという証明になりますから、あったほうがいいと考えている人は多いと思います。しかしペットの血統書は必ずしも必要であるかと聞かれれば、日本で血統書がついていることはとても重要視されているのですが、意外と海外は、血統書にこだわっていないというケースがとても多いのです。
血統書があるからいい犬というわけでもないですし、血統書がないから悪い犬ということもありません。犬の良し悪しは、飼い主が飼ってみてわかることで、血統書を見て判断するということではないのです。ペットを飼う際に、血統書にこだわって高いお金を出して買うという人もいるのですが、本当にペットの血統書は必要かどうか、今一度考えたうえで、ペットを飼うことが大切です。
ペットの血統書がなくても、ペットには変わりがありませんし、血統書がついていても、悪いことをするペットもいるでしょう。ペットの飼い主になるという場合には、血統書にあまりこだわらないこと、そのあたりも認識したうえで、ブランドや血統書に左右されずにペットを飼ってもらいたいですね。ペットの血統書は、あってもなくてもかわいいペットには違いありません。
posted by レビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33110331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック